青森の旅1:八戸〜八甲田山〜蔦温泉

青森の八戸に行った。

青森市や弘前市、津軽半島は行ったことあるんだけど、東側の南部地方は初めて。

朝飯を我慢し、八戸に着き、早速向かったのは八食センター。ここはやばかった!

市場で買った食材を、その場で七輪村で食べられる。

ホタテ!!

イカ!!

ホッケ焼きも、

ウニイクラ丼も、ハマチの刺身も、なんなら焼き鳥も、卵焼きも、リンゴのソフトクリームも、もうものすごく食べちゃった。どれも旨い。八戸訪れたらのマストスポットとは聞いてはいたが、、、これほどとは!もう食のディズニーランドだ。


そのまま八甲田山のロープウェイへ。観光客はほとんどいない。

真冬は針葉樹林に氷雪がこびりついてできる樹氷(モンスター)がすごいらしいが、まだ無く。でも落葉した広葉樹のダケカンバの霧氷が美しい。

霧氷って歌ありましたよね?ってロープウェイのガイドの女性に言ったところ、

「知りません。でもさっき登って行ったお客さん(年配の方)が「♪むひょう〜」って口ずさんでて、何の歌だろう?って思ってました」と。

自分のおっさん化を思い知る。。。


麓は曇っていたけれど、ロープウェイで雲のうえに来ると、お陽さまが現れた。神々しい!

そのまま蔦温泉へ。大正時代からある建物らしい。

温泉の湯が、すごく気持ちよかった。清々しくくっきりしていて、身体の中までその清々しさがすーっと染み込んでくる感じ。そしていつまでも身体が温かい。こんな気持ちいいお湯は久しぶりだ。

木造造りの天井もすごく高くて、靄と薄暗さで、天井がどこまでもつづいていて終わりが漆黒で見えない。そんな湯船に静かにゆっくり浸かっていると、それだけでトリップしてしまう。。。のぼせたわけじゃ無くね。


20代の頃は、よく秘湯巡りをしていたんだけど、ここ10年くらいは、なんか飽きていた。というのも、どんなに気持ち良くても、所詮は湯に浸かってるだけじゃんか、って気持ちが増えてきていて、温泉はよく行くんだけど、そりゃ入れば気持ちいいんだけど、心から浸かっていたいとは思えなくなっていた。

それが、この蔦温泉の清純なお湯に浸かっていたら、心からまだ浸かっていたいと、身体の奥から言ってくるのだ。身体性を取り戻したお湯だ。


翌朝、蔦沼へ。紅葉がすごく綺麗で有名だけど、紅葉はもう散っている。でもこの冬の白い樹肌とオレンジ色の落葉とモスグリーンの湖面も、すごく美しい。きっと夏も春も美しいのだろう。

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000