『pk』(2014印)


インド映画『pk』を観た。

アーミル・カーン主演でラージクマール・ヒラニ監督。『きっと、うまくいく』のコンビ。

いい映画だった。最高のコメディ映画。どこがいいって・・・

①まごうことなき、インド映画。いきなり踊り始める&過剰に丁寧な説明演出。

②インド世界でないと描けない、各宗教の問題点に切り込む社会性。

③とはいえ、イスラム教、ヒンドゥー教各宗教に結構配慮していて、傷つけていない。

④主役の女性アヌシュカ・シャルマさんがすごくチャーミング。冒頭ベルギーでのシーンが続くので、この方はインド系なんだってわからなかったほど、欧州人の顔立ち。印欧語族という言葉の本来の同族性の意味を知る。

④アーミル・カーンが、やはりとてつもなくおもしろい!

⑤インドに行ってみたくなる街と人の色彩のカラフルさ。


まだまだあげればキリがないんだけど、、、本当いい映画だ。

でも②に関して言えば、この問題を問える国が世界にはもう一つあると想う。

それは、日本。

だって八百万の神様がおられるわけだから。

そこに踏み込みつつ、なおかつコメディで描く、日本映画を観てみたいと思った。

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro Official Site

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000