『The Rainbow Thief 』(1990)

映画『ホドロフスキーの虹泥棒』を観た@アップリンク。日本初公開!

《「アラビアのロレンス」の伝説のコンビ、ピーター・オトゥール&オマー・シャリーフ主演によるホドロフスキー監督初のメジャー大作。加えて、クリストファー・リーも印象深い役を怪演している。本作はホドロフスキー監督長編第6作目にして初のメジャー資本、また初のイギリス映画である。撮影はポーランドのグダニスクで行われた。本作はイギリス(1990)、イタリア(1990)、フランス(1994)などで公開(公開当時は87分)されたもののアメリカでは未公開であり、日本においても完全未公開のままであった。 今回、ホドロフスキー監督監修による「ディレクターズ・カット版」(92分版)にて日本初公開となる。》(HPより)

まごうことなきホドロフスキー映画だった。

夜の遊園地の祝祭感、群衆の中の長回しとか、観てると夢の中に入っていく。ホドロフスキー監督の脳内にある1シーン1シーンが僕らの目に焼きつくように、創られているんだろうな。


強いて言えば、むしろ話はちゃんとしてる(笑)。すごく寓話的でおとぎ話的だ、でも俗悪でもある。

そして、お金もかかってる。

またしても夢を見ているような映画だった。

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000