FREESTYLE DUNGEON@STUDIO COAST

新木場コーストでのフリースタイルダンジョンの収録イベント観に行った。

ラップバトル、見ていて普通におもしろかった。「もっと勝って!続きを見たい!」と思わせる試合(バトル)の連続。

ダンジョンというシステムはよくできている、勝ち進むと相手がどんどん強くなるわけで、魅せ場がどんどん増えていくシステム。


ラップ掛け合っている間って、聞いてる方はムカついてるんだろうな。でもそれは口論でも悪口でなくエンタメだっていう構造。

試合が終わると、我にかえったりして仲良く談笑するチャレンジャーとモンスター。でも、本当はムカついてるのかな、とか考えてしまった。


では日常の口論とか悪口ってのは、エンタメじゃないわけで、その時の心持ちとどう違うのだろう、、、とか、なんかぐるぐる考えてしまった。

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro Official Site

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000