7/30(月)20時:立川談慶×角田陽一郎 「「落語家とバラエティプロデューサーが語る、運と落語」」@下北沢B&B

立川談慶師匠の開運落語「井戸の茶碗」。最高でした!


聞くと、その日から、あなたの人生が少し楽しくなるかも、 そして、あなたの周囲の人も楽しくなれるかもしれない。 

そんな毎年恒例のトークイベントが決定しました! 

落語家とテレビプロデューサー、畑は違えどコミュニケーションで人を楽しませるプロフェッショナル2人がお送りする第3弾! 

一人は数々のベストセラーを産む落語家、立川談慶さん。 

現在大ヒット中の『なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか』に続き、『人生を味わう古典落語の名文句』が発売されました。古典落語の名台詞を軸に、噺の解説や時代背景、人生に活かす教訓までを解説。現代に置き換えた捉え方や新しい解釈は必読です。 

そしてもう一人は「さんまのスーパーからくりTV」「金スマ」「EXILE魂」など人気バラエティ番組を手がけ一昨年末にTBSテレビを退社したプロデューサー、角田陽一郎さん。 

『最速で身につく世界史』が今や13刷のロングベストセラー。『13の未来地図 フレームなき時代の羅針盤』『「好きなことだけやって生きていく」という提案』と数々の話題本も出版。

そしてこの度発売された『運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器』では運を論理的に説明できると看破。有名人の数々の開運エピソードが綴られています。 日本最大のメールマガジン『水道橋のメルマ旬報』の連載陣の2人が、みっちり”運と落語”について味わい深く語りつくします。 ビール片手のトークセッション、奮ってご参加ください!

↓こちらからご応募できます。

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro Official Site

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000