7/10(火)19時「ここから何か生まれるかも会議 #2」


【カフェマメヒコ井川啓央×コルク佐渡島庸平×プロデューサー角田陽一郎】 

「ここから何か生まれるかも」会議#2【開場は18:30・今回の会場は「公園通り店」】 

こんにちは。辻貴之と申します。 コルクラボで、佐渡島さんや仲間達と、コミュニティデザインを学び、実践しています。


6月7日の「会議#1」にお越し下さった皆さん、ありがとうございました。 

店いっぱいの約40人の皆さんとご一緒出来ましたね。 そして、「会議#2」でお初にお目にかかる皆さん、ようこそ。 

この会議は、希代の編集者佐渡島庸平さんが今、最も小説を書いて欲しいと願う、カフェマメヒコ井川啓央さんとの編集会議を、お二人を良く知る角田陽一郎さんの名ファシリのもと、行うものです。

 #1では…井川さんが、会議当日の朝9時から開場直前の18時まで、約9時間かけて書いた出来立てほやほやの作品「檸檬の棘」をお持ち下さいました。 

僕は、主人公の朋美はまさしく自分を見ているようでした。 また、その朋美とお母さんとの関わり、朋美の人生を変えた恭子の存在、幸せとは、智とは、親子とは、仕事とは…と、いろんなことが頭を巡りました。 

でも、残ったのはシチリアのレモンの爽やかさ、でした(青空の下でレモンを飲んで、あー!ってなる、感じです。あ、僕はアルコールが飲めないので、レモンチェロではなくて、レモンジュースですが)

 「檸檬の刺」をみんなで読んで、周りの人達と思いを共有した上で、佐渡島さんから編集者としてのコメントがあったり、角田さんから肉付けする話があったり、井川さんからその返答があったり…文字通り「編集会議」を垣間みるひと時でした。 

さらに、僕達と井川さんとの間で、感じた思いを直接やり取りする時間も取りました。 

この#2では、#1で披露された「檸檬の棘」に加筆されるのか、はたまた前回同様、当日に書き上げたばかりの作品に出会えるのか…いずれにしても、マメヒコや井川さんの世界観が「小説」という形になって現れます。 その瞬間を、ご一緒出来ると嬉しいです! 

☆会議#1にお越しになれなかった皆さんや、参加したけど改めて読みたい…という方むけに、カフェマメヒコのお店に「檸檬の刺」の初校を置いておくことを検討中です(というか、きっと置きます)。ぜひ、読んでみて下さい。

また、「会議#2」の前に、コーヒーでも飲みながら「檸檬の刺」を語らう会もやれたらな…なんて考えています。いずれも決まり次第、ご案内します☆


↓申し込みはこちらから。

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000