坂手洋二

今日、劇作家の坂手洋二さんと飲んだ。

たくさんいいことおっしゃってた!その中から2つ。

①寺山修司の言葉『偶然を必然に転嫁するのが創作である』

さまざまな制作現場で、人と人との出会いとか、出会うことでの相乗効果とか、ちょっとした演出の揺らぎの中で、多くの偶然の産物が生まれるらしいが、それを吸収し、さらに作品のクォリティーアップに転嫁することができること、それが創作なんだと。

だから何かを創作したい人は、そんな偶然が起きるように、何かをまずがむしゃらに始めなけりゃならないんだと。

うーん、すごくいいこと言うなあ。

僕とか何でもやる前に躊躇しちゃうからなあ。


②『続けられるのが才能』

坂手さんは燐光群という劇団を主宰してるので、何十年もやってると、よっぽど芝居が好きな奴(ある意味異常な奴)以外は、いろいろ生活などを考え、辞めててってしまうらしい。

それでも続けて行く、続けて行けるということは、さまざまな、ある意味特殊技術を持っているからなんだとか。

「しかし、続けなければ何も産まれない、逆に続けられるから何かが産まれるのだ。

 もし、君が何かを産み出したいのなら、君の今やってることをがむしゃらにひたすら続けなければ

 ならない、続けられる才能を持たなければならないのだ!

 そうすれば、いつかやりたいことがやれるよ!

 と僕は信じてやり続けてるよ!」

そんな言葉に勇気をもらいました!

ともかく、何かをやりたいなら、やり続けなければならないのだよ、俺。

ありがとう坂手さん。

そんな言葉達をいただいで、明日からまた少しだけ生きられます。

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro Official Site

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000