『あなたは星になれ』:ゲーテ先生の音楽会

渋谷宇田川のカフエマメヒコの年末恒例の『ゲーテ先生の音楽会』に行ってきた。なんとも暖かく楽しいクリスマス音楽ディナーショー。

昨年コルクの佐渡島庸平さんから「是非観てみて」と言われ行ってみた。
美味しいご飯を食べながらのディナーショー。オペラ歌手の増原英也さん扮するゲーテ先生と、作演出の井川啓央さん扮する珍客との掛け合いなんだけど、音楽会なので、観客の僕らも合唱する(させられる)。
この合唱に参加する(させられる)のがすごく楽しい!インタラクティブ。最初は恥ずかしいんだけど、いつの間にか積極的に参加してる自分がいる。
そこに楽曲の解説やうんちくが聞けたりして、すごく知的エンタメでもある。
昨年はドイツ歌劇でシューベルトの『魔王』。
今年の夏は、フランスオペラでビゼーの『カルメン』。

そして、今回はタイトルにあるように、テーマは星の歌。"星のフラメンコ"から、レミゼラブルの"STARS"、最後は“ソリすべり”をみんなで合奏。楽しい。

夜明けの星  原曲は『ああベツレヘムよ O Little Town of Bethlehem』

さやかに星はきらめき 原曲は『クリスマス・キャロル O Holy Night』

星の世界

星めぐり歌 宮沢賢治作

Stars ミュージカル「レ・ミゼラブル」より

When You Wish upon a Star 星に願いを 1940年のディズニー映画『ピノキオ』の主題歌

Sleigh Rie そりすべり ルイ・アンダーソン作曲の管弦楽曲。

Happy Holiday 1942年のアメリカ映画『ホリデイイン』より

It's the most wonderful time of the year アンディ・ウィリアムスより


ゲーテ先生、すごく魅力的なキャラクターなんだよな。多分増原さんの技量と上品さが、外国のクリスマスの雰囲気を醸し出してくれて、外国のどっかの街の音楽会に立ち寄ったような小旅行してる感じ。

製作過程の話を、井川さんと増原さんで話しています!すごくおもしろく、勉強になる話です↓

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000