人生の特異日

「今日はいろいろあるなー」って日ありますよね?

それもその後の人生が変わるような”きっかけの日”

僕は人生には変わるきっかけが集中する”人生の特異日”があると思っています。

先の1964年の東京オリンピックの開会式の日で、もともとの体育の日である10月10日は、晴れの確率が高い”晴れの特異日”で、そんな理由で開会式の日になったようです。

人生の特異日。

Facebookの"過去のこの日"の機能。去年のこの日にはこんなことありましたとかプッシュされるけど、今日9月16日の朝は、いろいろある日だった。きっと僕の”人生の特異日”なんじゃないだろうか。

9月16日は、僕のFacebookには4年前から記録があった。


4年前の2012年9月16日は、、、
13日に箱根の九頭龍神社に参拝し、伊勢神宮に行かなくては、と名古屋へ。Facebookには3枚の写真があった。

熱田神宮に参拝。

お伊勢様、外宮。

お伊勢様、内宮。いやさか。
Facebookでは書いてないけど、この日は時々雨が降る曇り日よりだった。内宮に着いた頃には小雨模様。
僕は内宮で柏手を打つ。先日の九頭龍様参拝のとき教えていただいたように、一生懸命気持ちをプレゼンしてお祈りしていた、目を瞑りながら。
そしたらなんか目の前が明るくなった気がしたのだった。
参拝を終えて玉砂利の参道を戻っていると同行者から
「角田さんさっきの気づいてた?」
と言われた。
「え、何をですか?」
「さっきあなたが柏手を打ったら、雲間からお日様の光が刺したんですよ」
僕はあまりのことに驚嘆した。さっきお祈りしてたとき目の前が明るくなったのは陽光だったのだ。お伊勢さまは太陽の神様。きっと想いが伝わったのだと確信したのだ。
そこから、僕はいろんなことを叶えていく。

3年前の2013年9月16日は、、、
富山県魚津市のUSIC FESにて映画「げんげ」試写会!700人も台風の中集まっていただいた!感謝!!僕は飛行機欠航で、特急欠航で、なんと車で魚津へ!!!400キロ。なんとか間に合いました!


2年前の2014年9月16日は、、、
アメーバさん書いてくださってます!!ありがとうございます!!拙著、今日発売です。皆様よろしくお願いいたします。



去年の2015年9月16日は、、、

ACCインタラクティブ部門審査終了。人の作品を審査するのは審査する側の自分が審査されてること。ものすごく勉強になった!従来の広告という範疇を超えて何がインタラクティブなのかで選びました!めちゃめちゃアナログな意外なのも、僕が推した審査員特別賞もあります!

そして明日は大好きなロックミュージシャンにインタビュー!緊張するな!うまく話せるかな!(^_^)マイCDを全部持って行こう!
さらに明日夜はコルクの佐渡島庸平さんとトーク!かなり楽しみ!彼と話したいことがたくさんあるのだ!話すとどんどんアイディアが出てくる!未来の話。20世紀の大量消費社会にかわる新しい21世紀の少量共鳴社会の話。僕の仮説をぶつけたい!(^_^)
最近自分の仕事の振り幅の広がりに自分でもドキドキする。ネタ見せライブのMCから、本の執筆から、CMの審査から、タレントさんとのトークイベントから、舞台の演出から、ロックイベント開催から、旅ロケから、日本酒から、新しい資本主義の話まで。バラエティPって楽しい!(^_^)
もしくすぶってる人がいるなら、自分のやりたいことを実際に口に出して周りに言ってみることを勧めたいな。色々気にして口にするのを躊躇するのがこの社会のパターンだけど(僕もかつてはそうでした)、しがらみとか恥ずかしさとかうっちゃって口に出すとだいたい実現するものなのだ!


ちなみに今年の9月16日は、松本。

さてどんなことを書くことになるのだろうか?
そして、来年は?その次は?




角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000