バチが当たること

この情報革命の21世紀では“バチが当たる”というのがより顕在化するんじゃないかと秘かに思ってる。


安倍総理が調子悪いのは共謀罪を無理やり作ったから。
東芝が調子悪いのは原発で儲けようとしたから。


全ての悪い結果がバチのせいって必要十分条件って意味ではなくて。
不誠実な行為は悪い事態を必ず招くという因果の顕在化。


儲かるから
仕事なんで
自分だけは大丈夫
他人もやってるから
自分は関係ない
一点の曇りもない
よかれと思って
悪気はないんだけど

...そんな自分の(ほんとは悪いと思ってる)行為の上塗り的な言い訳は、より内面の本心を顕在化して、他者に伝わり、自分に返ってきて、結果“バチが当たる”のだ。
自戒を込めて。


角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000