5/7:2日目中村洋基【QREATOR CAMP TOKYO-新しい未来を担う、クリエイターのための「修行場」】

2日目のゲスト講師はクリエイティブ集団PARTYの中村洋基さん。
テーマは【広告の未来を考える】


前半100分は中村さんの講義。僕が適宜質問しつつ、いやー、ためになった。
15年来のの広告マンとして中村さんが感じた苦悩、それは
“バナー地獄とカンヌの闇”

↑これね、ほんとその通りなんだけど、それができちゃう優秀なクリエイターとしての悩みでもある。


【アートかデザインか?】
この攻防戦、ホントそう。
これって僕らテレビで言えば
【視聴質か視聴率か?】
という話でもある。

中村さんのかずかずの名言の中で僕が一番刺さった言葉↓
面白く見える方程式
驚きのあとに、納得がある

うん、すごくすごく納得した。
驚きをどう産み出すか?
そして、そのあとにどう納得させるか?
多分、驚きだけでも伝わらないし、納得だけでもおもしろくないのだ。



そして後半は受講生の宿題プレゼン。
ちなみに中村さんが出した宿題は↓
それぞれのプレゼンには、それぞれ驚きと納得がありました。
荒削りなものもこれからブラッシュアップできそうだし!
中村さんも僕も、むしろみなさんからいろんなヒントをいただいた!

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000