若い頃の忸怩たる思い:水道橋博士のメルマ旬報る組vol.117


先日、今から9年前の2008年に書いた文章を見つけた。 

僕は今が46歳なので、37歳の時の文章。

その時の文章を載せようと思う。 


後輩が、異例の抜擢をされた。 

相当若くて29歳なのだが、次期番組のプロデューサーをなんと指名されたのだ。 

其のこと自体は、非常に喜ばしいことだ。 

でも僕は、ちょうどレギュラーでやっていた番組の打ち切りを迎えていた。 

番組が始まるとき、相当優秀なフリーのディレクターを集めたのだが、まもなく自分のチームを散開しなければならない状態で、優秀な奴らなので再就職先に困ることはないだろうけど、そんな優秀な人材が他局に流れるのは嫌だなと思いながらも、僕も浪人状態だし何もできないなあと悩んでたところ、その後輩が、 「彼らを使っていいですか?」 って言うので、快く 「使ってください」 と昨日伝えた次第である。 

このこと自体はとても喜ばしいことだ。 けれど、この機に僕は、昔の自分をつい思い出してしまう。

というのも、自分も若い時に異例の抜擢をされた口だからだ。


*続きは、水道橋博士のメルマ旬報で読めます。↓

vol.117「シンデレラエキスプレス 渡辺裕薫 「上方演芸レジェンド~シンプレ漫才 夜明け前」他、21タイトル連載!」水道橋博士のメルマ旬報 - 有料メールマガジン|BOOKSTAND(ブックスタン

著者:編集長/著者:水道橋博士価格:500円/月 (税込)発行:月3回(毎月10日/20日/30日)発行最新発行日:2017年4月20日 メルマガ購読を申し込む定期購読 500円/月額(税込)※ログインもしくは新規入会が必要です 6か月分一括購入を申し込むVプリカ利用3,000円芸人・水道橋博士が「編集長」に就任し、本人自ら、過去メルマガ史上に無い過剰な規模と熱量で配信中です。本人の毎回3万字を越える日記『博士の異常な日常』、岡村靖幸との対談『博士が愛した靖幸』以外にも、40人規模にもわたる豪華執筆陣(どんどん増殖中)が徒然なるまま絶賛連載中ー。とにかく目指すのは『大人のコロコロコミック』、『子どもの文藝春秋』超大ボリューム。津田大介さんより「日本最大メルマガ」のお墨付き!空前絶後のスケールでお届けします。文量から考えるに、普通にテキストメールで読むのはたぶん無理!スマートフォンの方向けに電子書籍感覚で簡単に読めるePub版を毎号、用意しておりますので、スマホの方には激しくePub版での購読を推奨します。編集担当:原カントくん(@harakantokukett)・新規定期購読をお申し込み時には、過去の最新号がもれなく配信されます!・バックナンバー販売もあります。1号あたり250円。(paypal払いのみ)▼超簡単にePub形式で読む方法(動画)▼ePub版を読む方法(図解)こちらCopyright(C) 博報堂ケトル/博報堂 All Rights Reserved

BOOKSTAND

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000