『千利休 無言の前衛』:赤瀬川原平

赤瀬川源平さんがお亡くなりになった2014年の最後の個展を見に行った時に買った本。

読んでみた。

めちゃめちゃおもしろかった。

千利休は前衛である。では前衛とは何か?芸術とは?

極小の世界をめざした利休が、その利休を僕たちが考えるとき、無限大の大きさを感じさせてしまう、おもしろさ。

それが前衛なんだと思った。

赤瀬川さんが、教えてくれる。



そもそもお茶という芸術は言葉で説明できない。いや、そもそもいまは芸術という概念的な言葉があるから便利だけど、これは少なくとも明治以降のことであって、利休の時代には芸術なんて言葉はなかったのである。

千利休は、そのような無口な世界で能弁であったと思う。だからこそ人々の心に直かに焼きつき、また一方で口達者な秀吉のコンプレックスを増大させた。

無口な世界とおしゃべりな世界、両者はつねに押し合いへし合いながら、その盛衰記をあらわしてきている。世の中は、あるところで無口が隆盛し、あるところではおしゃべりが支配している。いまここがどんな世の中であるのか、それは耳を澄ませばわかることだ。 《p17 序 お茶の入り口》


韓国語のテキストがあり、・・・その中で「激音」「濃音」というのが目を引いた。

韓国語は力のいる言葉である。言葉は力だと教えられているようだ。

考えたら日本にはこの手の腹の底からの声、喉の奥で発する発音というのは存在しない。ほとんどが口腔前部での、いわゆる口先だけの言葉がほとんどである。

何だかイメージが悪いが仕方がない。日本では茶の湯でもそうだし、俳句でもそうだし、ほんのわずかなもので多くを語ろうとしたがる民族なのだ。発音もおのずからその作法にのっとっているのかもしれない。 《p149 Ⅱ 利休の足跡》




角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000