大森靖子のドグマとマグマ:Girls×Girls vol.5@新宿ReNY

大森靖子さんとShiggyJr.の新宿2マンライブに行ってきた@新宿ReNY。
大森さんはアコスティックギターの弾き語り。僕が彼女を最初に見て衝撃波を受けたのも、数年前の新宿LOFTでのケラさんライブのゲストで見た弾き語り。
彼女から出てくる言葉には、詞以上にメロディ以上に、何か違う電波が乗ってるのだと思った。それが衝撃波として襲ってくる。
ピカピカの電子音の中でのキラキラしたアイドルみたいな彼女も、彼女の楽曲も当然魅力的なんだけど。で、その楽曲にも電波が乗ってるんだけど、それがアコスティックギターだと、よりダイレクトに襲ってくるのだ。多分耳を塞いでいても目を瞑っていても、襲ってくる感じ。

ニューアルバム『キチxxxガイア』凄くいいアルバム。


やっぱりものすごい衝撃波だけど

1曲目の『ドグマ・マグマ』何回も聴いてる。

むかしむかしあるところに男と女とそれ以外がいました
むかしむかしあるところに白黒黄色それ以外がいました
むかしむかしあるところにYESとNOとそれ以外があるのに
いつもいつもことあるごと それ以外はなかったことにされました

目が覚めたら あたしはジャパニーズ
神様なのに化粧をしないと 外にも出れない 不便なからだ
革命途中よ どーしてくれるの


この冒頭の歌詞を繰り返し聴いてる。脳内を歌詞がグルグルする。
大森靖子の衝撃波とは、彼女のドグマとマグマなんだと思う。

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000