禅と庭のミュージアム:竹原〜尾道〜鞆の浦の旅

広島の旅、呉を出て東に向かう。

尾道に行く途上でせっかくなので竹原に寄る。竹原は初めて。


NHK朝の連続テレビ小説『マッサン』の舞台、竹鶴酒造がある街。

こんな古い街並みが残ってるのか、知らなかった。


尾道で尾道ラーメンを食べる。尾道は何度か来てるけど、いつもラーメンを食べるのみで散策したことがない。また来なくちゃ。

鞆の浦。瀬戸内海が優しい。

広島には、いい街がいっぱいある。鞆の浦の対潮楼で幕末坂本龍馬に想いを馳せ、竹原の街並みで大正昭和を巡る。呉、広島、宮島を巡って、まさにいろんな歴史を実感させられた旅だった。



最後に向かったのは、年明けにEテレでやってた『日曜美術館』の年始特番『ゆく美くる美』で片桐仁さんが訪れていた福山市の禅寺、神勝寺の『禅と庭のミュージアム』。

番組ではさわりしか紹介していなかったので、気になっていたのだ。

昨年9月に開館したばかり。ここは素晴らしかった。かなりオススメです。
広大な敷地の禅寺をゆっくり歩く。茶室や池や庭を楽しむ。

「無明という迷いや煩悩から離れるため、衆生が懸命に修行している姿を表した庭」

とある。ここは禅の修行の場所なのだ。


本堂には、白隠禅師のコレクション。


そして、番組では中を見せてなかった、洸庭。金色に輝いた異様な巨大建造物が山の上に建っている。


中は、うまく言えないけど、『洸』。実際に体験しないと、言葉にしても意味がないかな。

それはまさにアートであり、“禅”だった。

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000