アジカン20周年ツアー:幕張メッセイベントホール

ASIAN KUNG-FU GENERATION の20th ANNIVERSARY LIVE
なんといっても4人が、すごくいい顔して演奏してた。20年のチームワークというか、充実感が溢れてくる。
そんな4人を(シモリョーさんいれたら5人を)、オーディエンスがまた多幸感感じながら迎えているのが、すごく伝わる空間だった。一体感とかじゃなくて、多幸感。
いろんな人が、いろんな楽しみ方をしているような。それは数年前のアジカンのライブより、もっと増していた。
ゴッチの弾き語り“ソラニン”と“Wonder Future“よかったなあ!すごく声量が出でいたし。ソラニンからのワンダーフューチャーというのが絶望からの復活と再生を意味していて、すごく勇気付けられた。

どの曲も良かったけど、僕的には改めて、エンディングの『新世紀のラブソング』で、新世紀を感じました。


角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000