『はたらくおとこ』by 阿佐ケ谷スパイダース

作・演出、長塚圭史さんの阿佐ケ谷スパイダース『はたらくおとこ』@本多劇場を観た。
とても苦い芝居だった。
でもその苦さを体験できるのが、演劇という存在こそなのかもしれない。映像で見ていたら、こんなにも苦く感じなかったと思う。

役者の方の演技やセリフという身体性で、会場には所々笑いが起こる。でもその笑い所は、実はとても苦いのです。ものすごく苦い笑い。むしろ苦ければ苦いほど笑いが起こる。
つまり、この演劇は生きてることの苦さを美味しさに変えている。
まさに劇中で皆が産み出したいリンゴのよう。
つまり、この苦い演劇が産み出されたことが、作品の中でのリンゴが産み出されたことを意味している。

《幻のリンゴを作り出す夢も破れ、朝から晩までまんじりともせず、今やもうすることもない閑散の事務所でストーブの小さな炎を囲み、北国の大雪を見つめる男たち。雪はまるで借金のように降り積もってゆく・・・。もはや東京に帰る場所もない。
そんなある日、地元の若い女が運び込んだ幸運の液体。この液体を手に、男たちは手段を選ばず暴走しはじめる。そう、すべては幻のリンゴの栽培を再開するために。運命を打開すべきチャンスが目前となったとき、トラックに乗ってアイツがやってきた!》

見終わったばかりの、僕の倦怠感と焦燥感に満ちたツイート。↓
本当に、誰とも話したくなかった。
『はたらくおとこ』ってなんでこんなタイトルなのか、と思ってたけど、この倦怠感と焦燥感は、はたらくおとこたちを見たからなんだとわかった。

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro Official Site

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000