『Microbe et Gasoil』(2015仏)

映画『グッバイ、サマー』を観た。やっと観た。ミシェル・ゴンドリー監督。

ミシェル・ゴンドリー監督の大傑作『僕らのミライへ逆回転』が、オトナたちが過去を振り返ることで思春期のやるせなさとはかなさを感じる青春映画なら、この映画は”チビとガソリン”14歳の少年2人が、自分たちの夏とさよならを告げるやるせなさとはかなさを描いた青春映画。監督の自伝的要素が強いという。でも、まあどんな映画も直接的か間接的かはともかく、自伝的なものだけれど。


そして、14歳を経験した人が、どこかで自伝的なことを感じる映画だと思う。はかない、せつない、やるせない。そんなかけがえのない14歳の映画。

自分の思春期を想い出した。

僕も何かいろいろ工作してた。14歳の夏、ライブエイドの衛星中継をテレビで観ながら、徹夜で自由研究の工作してた。

オトナは判ってくれないと思っていたなあ。

今、年齢はオトナになっても、オトナは判ってくれないと思っているけど。

というか、自分がオトナになると、オトナは判ってあげたくても、判ってあげられないんだとも思う。

でも、本当は判っているんだよ、とあの頃の14歳の自分に伝えたい。



角田陽一郎/Kakuta Yoichiro Official Site

バラエティプロデューサー/文化資源学研究者(東大M1)/ 著書『人生が変わるすごい地理』『出世のススメ』『本音で話すは武器になる』『運の技術』『13の未来地図』 『好きなことだけやって生きていくという提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/水道橋博士のメルマ旬報

0コメント

  • 1000 / 1000