『宇宙誌』by 松井孝典

講談社学術文庫の『宇宙誌』読了。

いやあ、おもしろかった!!!日々、お風呂に入りながらちびちび読み進めた。至福の時間だった。

読んでいると、日々の些事なんて、ほんとどうでもいいことばかりだ。

知らなかったこと沢山。

宇宙探索、惑星探索、アポロ計画、米ソの開発競争の歴史もおもしろかったし、水惑星の地球から生命が生まれた地球の歴史は、知らないことばかり、”へー”がいっぱい。

そしてギリシャ時代から、ガリレオ、ニュートン、アインシュタイン、ホーキングに向かう、宇宙論の歴史もおもしろかった。

宇宙を歴史で説明された良書。そもそもは1993年に刊行された本が、2009年に岩波現代文庫で再販され、それが昨年2015年に講談社学術文庫化したという。その間に新たな発見や研究成果もあったであろうに、そのまま再販しても十二分に通用しちゃうのは、これがそれだけ良書の証なのだろう。

帯文より、

「我々はどこから来たのか?

 我々とは何か?

 我々はどこへ行くのか?

 古代ギリシャから現代のホーキングまで 

 天才たちと200億光年の時空を旅する知的大紀行」


まさにその通りだった。

僕らが生まれるべくして生まれたのは偶然なのか、必然なのか。

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000