ムーンライダーズの名曲『月面讃歌』、作詞させていただきました!

ムーンライダーズ祝!40周年。活動休止の休止中のムーンライダーズのキーボーディスト岡田徹さんのソロアルバムが11月23日に発売される。なんと初の全曲歌ものアルバム。

その中でムーンライダーズの名曲カバーの中で、『月面讃歌』、僕が作詞させていただきました。

1986年に僕が高校1年で10周年のムーンライダーズと出会ってから、多分僕の脳内の半分はムーンライダーズでできている。そんな僕がムーンライダーズの名曲の作詞ができるなんて、、、高校生時代の僕に伝えたら、きっと発狂すると思う。

『月面讃歌』は1998年のアルバムで、そのタイトル曲の『月面讃歌』は、インストなのだ。

僕は当時から、この曲に詩があったら、どんな詩なんだろう?ってずーっと思っていたのだ。

実はサビの部分は(恥ずかしながら)そのころから勝手に妄想して、勝手口ずさんでいたフレーズがあった。

それが、今回幸運にも、いざ詩を書くことになって、実はそんな作詞行為、全然やったことない。

でも、そんなはるか18年も前に、勝手に口ずさんでいたサビからインスピレーション受けて、実際10分程度で書いてしまった。


月面讃歌、、、僕が書いた詩は、それは、月へのレスペクトソングであり、生きることへのレスペクトソングであり、

ひとりの熱狂的ファンからのムーンライダーズへのレスペクトソングでもあります。


I can't live without MoonRiders !

今日は新月です。


角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000