6/24(土)特別講義「本をつくる・仕事をつくる」:オーディナリー

自由大学の出版講義『自分の本をつくる方法』をやっている深井次郎さんの特別講義「本をつくる・仕事をつくる」でお話させていただきました。

イケダハヤトさんやキンコン西野さんが言ってるけど、本当に何かを書きたいなら、別に出版社から本を出さなくてもよいわけです。

でもそれでも何で出版社から本を出したいのか?

まずはそこを突き詰める必要があるのではないか?というお話からはじまり、

SNSを使った文章の書き方
やりたいことをキャッチフレーズにする
情報のアウトプットとインプット
自分が書くテーマの決め方
編集者や出版社とのやりとりの方法
プライベートな想いをパブリックにする
テレビと本の違い
出会いを無駄にする人

というお話をさせていただきました。
多分に自分も模索中の話ですが、皆さんとのディスカッション、僕も勉強になりました。

角田陽一郎/Kakuta Yoichiro DIVERSE

バラエティプロデューサー/Variety Producer 著書『13の未来地図フレームなき時代の羅針盤』 『「好きなことだけやって生きていく」という提案』『最速で身につく世界史』『成功の神はネガティブな狩人に降臨する-バラエティ的企画術』『究極の人間関係分析学カテゴライズド』/映画「げんげ」監督/ 水道橋博士のメルマ旬報連載中/渋谷のラジオ金曜朝10時[渋谷で角田陽一郎と]/MX オトナに!

0コメント

  • 1000 / 1000