BIOGRAPHY

角田 陽一郎(かくた・よういちろう)

バラエティプロデューサー

1970年千葉県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業後、1994年にTBSテレビに入社。TVプロデューサー、ディレクターとして「さんまのスーパーからくりTV」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「EXILE魂」など、主にバラエティ番組の企画制作をしながら、2009年ネット動画配信会社goomoを設立(取締役)。

映画『げんげ』監督、音楽フェスティバル開催、アプリ制作、舞台演出、「ACC CMフェスティバル」インタラクティブ部門審査員(2014,15年)その他多種多様なメディアビジネスをプロデュース。

いとうせいこうとユースケ・サンタマリアがMCを務めるオトナのためのインディペンデンス型トーク番組「オトナの!」を制作(2012年1月〜2016年6月)。「OTO-NANO FES! オトナの!フェス」を開催。

2016年12月31日付でTBS退社。

2017年1月より「オトナに!」(TOKYO MX)、「イク天  イク天〜イクぜ、バンド天国」(BS-TBS)などプロデュース。


【2018年現在】

著書:

『13の未来地図 フレームなき時代の羅針盤』

『「好きなことだけやって生きていく」という提案』5刷!

「最速で身につく世界史」6刷!

「成功の神はネガティブな狩人に降臨する―バラエティ的企画術」

「究極の人間関係分析学カテゴライズド」

「オトナの!格言」(編著)

連載:

「水道橋博士のメルマ旬報」で毎月20日発行の”る組”にて『テレビの果てはこの目の前に』



南福岡自動車学校『DON!DON!ドライブ』プロデュース。

『モテワンコンテスト2017』プロデュース。

ネット配信『占いTV』プロデューサー。


TV番組プロデュース:

『オトナに!』(TOKYO MX)(2016年7月〜放送中)

『イク天 イク天〜イクぜ、バンド天国』(BS-TBS)(2016年10月〜2017年3月)

『エンタX』(テレビ東京)(2017年10月〜2018年3月)

RADIO出演:

渋谷のラジオ(87.6MHz) 毎週金曜朝10時「渋谷で角田陽一郎と」MC。


/好moonriders,岡村靖幸,RC,BJC,AKG,ガガガSP,MIKA,UNDERWORLD/司馬遼太郎,筒井康隆/サルバドール・ダリ,ボルヘス

西野亮廣(キングコング),大谷ノブ彦(ダイノジ),角田陽一郎/150903/下北沢ろくでもない夜


1970年8月17日、千葉県生まれ、B型、獅子座。

1989年3月、千葉県立千葉高等学校卒業。

1994年3月、東京大学文学部西洋史学科卒業。

4月、株式会社東京放送(現:TBSテレビ)に入社。バラエティ制作部にアシスタントディレクター(以下:AD)として配属。「テレビの王様」「超人コロシアム」「沼島の春よふたたびーお見合い大作戦」等を担当。

1995年、若干2年目にして「山田邦子のしあわせにしてよ」にてディレクター(以下:D)に昇格。しかし翌年2月、仕事のプレッシャーと心労から3ヶ月もの間、会社を脱走。日本中を点々と彷徨う。5月、ADに格下げされて職場復帰。配属先は「さんまのスーパーからくりTV」。

1997年12月お正月特番「さんま玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかSP」にて再びDに昇格。日本全国で「あなたの夢は何ですか?」と毎年1000人以上に街頭インタビュー。翌年から「さんまのスーパーからくりTV」でロケDとして「からくりビデオレター」「ご長寿早押しクイズ」「玉緒が行く」「セインカミュのファニエストイングリッシュ」「安住アナのサラリーマン早調べクイズ」等ほぼ毎日、人を笑わせる為だけにおもしろVTRを企画・作成。《〜2001年》

1998年、「爆笑問題の勤労感謝TV」の4時間特番で初総合演出。

2001年6月、24時間テレビ「ファイトTV24」(MC:TOKIO)の深夜放送枠を担当。驚異の視聴率12%を記録し、10月「中居正広の金曜日のスマたちへ」をチーフDとして立ち上げる。《〜2006年》

2002年1月より「さんま玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかSP」総合演出担当。《〜2008年》

7月、ドラマとバラエティをミックスした特番「負け犬女の壁」(主演:永作博美)を総合演出。

2005年2月、番組企画会議中に可変型ポジティブ占い「カテゴリン」を突如思いつき雑誌等で取り上げられる。

7月、科学実験番組「アインシュタインの舌」(MC:船越英一郎)総合演出。

2006年、「明石家さんちゃんねる」(MC:明石家さんま)をプロデューサー(以下P)兼総合演出として立ち上げる。《〜2008年》

2008年6月、関西大学木村洋二教授が開発した世界初の笑い測定器「aH(アッハ)」を使った特番「芸人戦闘力バトルアッハ」を2週にわたり放送(P)。

7月、社内新企画プロジェクトに応募。自身の次世代型メディアミックス企画が採用され、10月経営企画局ビジネスソリューション部を立ち上げる。

2009年4月、TBSビジネスソリューション部から「グーモ株式会社」設立。最高生産責任者(CPO)就任。《〜2012年》ネット放送局「goomo」を運営、その後3年間で100タイトル以上のネット番組を企画制作する。

5月、宝塚歌劇団初の密着バラエティー「宝塚特番」(MC:チュートリアル、中井美穂)制作(P)。

7月、前番組の急遽打ち切りの後、5日間でレギュラー番組「激安バラエティー」(MC:森三中)を立ち上げる(P)。

2010年4月、グーモ制作の深夜番組「あいまいナ!」(MC:アンタッチャブル山崎弘也・矢口真里)を立ち上げる(P)。《〜2011年》

番組内でGREE・コナミと共同でソーシャルゲームアプリを開発・リリース。

10月、「EXILE魂」(毎日放送)を立ち上げる(P)。《〜2012年》

同時期、アーティストによる異色プレゼン番組「カタリダス」を立ち上げる(P)。

2011年4月、TBSメディアビジネス局デジタルビジネス推進部兼務。

10月、「E-Girlsが!モンクの叫び」(MC:千原せいじ・ココリコ田中直樹)を立ち上げる(グーモ制作・P)。《〜2012年》

2012年1月、深夜番組「オトナの!」(MC:いとうせいこう ユースケ・サンタマリア)を独立採算番組として立ち上げる(P)。《〜2016年》

3月、クリエイティブ集団PARTYと共同で、スマートフォンと連動したインタラクティブ双方向番組「MAKE TV」を生放送(P)。その後アジア最大の広告祭スパイクスアジアのモバイル部門でグランプリを受賞。

2013年1月、番組「オトナの!」から誕生したフェス「オトナの!フェス」を赤坂ブリッツにて開催。チケットは即日ソールドアウト。

3月、初の映画監督作品となる映画「げんげ」(主演:塚地武雅)を制作。沖縄国際映画祭に出品。(13年秋一般公開、DVD発売中)

7月、深夜ミニドラマ「永沢君」(主演:劇団ひとり)を監督。

9月、出版社と共同で、講義+イベント+BSドラマ「読村教授の“7つの習慣”特別授業」(主演:谷原章介)を監督/脚本/P。

2014年3月音楽ライブ第2弾「オトナの!フェス2014」開催(赤坂ブリッツ)。

8月、講義+イベント+ドラマ「本の講義:統計学は最強の学問である」(主演:八嶋智人)を製作。

「ACC CMフェスティバル2014」インタラクティブ部門審査員。

9月、初の著作「究極の人間関係分析学 カテゴライズド」(クロスメディア・パブリッシング刊)を出版。

12月、編著「オトナの!格言」出版(河出書房新社刊)。

2015年2月キングコング西野亮廣主催講義イベント「サーカス」講師として登壇。

2月、講義+イベント+ドラマ「本の講義:インベスターZで学ぶ!お金と投資の話」(主演:八嶋智人)を製作。

3月、音楽フェス第3弾「オトナの!フェス2015」開催(ゼップダイバシティ)。

6月、ニューアーティスト発掘ライブ「オトナの!フェスNEXT」開催(赤坂ブリッツ)。

7月、二作目「成功の神はネガティブな狩人に降臨するーバラエティ企画術」出版(朝日新聞出版刊)。

8月、舞台公演「テイラー・バートン」作:西野亮廣(キングコング)(草月ホール)演出。

「ACC CMフェスティバル2015」インタラクティブ部門審査員。

11月、三作目「最速で身につく世界史」出版(アスコム刊)。

2016年3月、吉本新喜劇佐藤太一郎企画公演「未来の今日」作:村上純(しずる)(恵比寿エコー劇場)演出。

5月、音楽フェス第4弾「オトナの!フェス2016」開催(ゼップダイバシティ)。

6月、「オトナの!」終了。

12月31日付で、TBS退社。

2017年1月より「オトナに!」(TOKYO MX)、「イク天 イク天〜イクぜ、バンド天国」(BS-TBS、〜17年3月)をプロデュース。

3月、キャストプラスとマネジメント契約。

3月29日、「ネットで決戦!#(笑)動画作ってみた」(BSプレミアム)出演。

7月7日占いTV開局。

7月、四作目『「好きなことだけやって生きていく」という提案』出版(アスコム刊)

8月18日・19日、SBP高校生交流フェアにて審査員。

10月より『エンタX』(テレビ東京、〜18年3月)をプロデュース。

2018年3月、五作目『13の未来地図 フレームなき時代の羅針盤』出版(ぴあ)